繁忙期真っ只中、世間はゴールドウィーク最終日にみやび洗い講習会は行われました。

他店はどのように洗っているのか、良い点は共有し、改善すべき点は改善し、その他各々の疑問を話し合い、有意義な意見が得られたと思います。

◆ランドリー
ワイャツの洗い方です。

ワイシャツはのクリー二ング店の目玉商品。
ワイシャツでお客様を掴むことができれば、その他の品物も出して頂け、ひいては売上アップにつながります。
そのためワイシャツクリーニングは非常に重要。

〜以下が課題〜

・シワを少なく仕上げるために
→洗い〜濯ぎまでの温度差を少なくする
→強く絞らない
→自然乾燥の時間を設ける
→ストレッチャーの使用

・ノリ、シリコンなどの平滑剤を使用すべし
糊付けをしておくと、汚れが生地の内部まで浸透しないため、次回の汚れ落ちが良い。

◆ウエットクリーニング
・仕上げが、楽になるような洗い、乾燥、干し、をする。
・数多くの品物を経験し、見た目を養う
・ポリウレタン樹脂コーティングの品物、剥離に注意
※シームレスダウンが今季流行っているので、なお注意

〜その他現物処理〜
◆保管時のガス退色
S__63299621.jpg

◆セーターの黄変処理
セーターの袖口にできた黄変を処理していきます。
S__63299620.jpg

ビフォーアフター♪
S__63299619.jpg

三人いれば文殊の知恵!
誰かがわからないことでも、的確にアドバイスをくれる大御所の先輩方がたくさん!

・シミ抜きでお困りの方
・シミやクリーニングについて勉強していきたい方
困った時の拠り所、みやび洗しみ抜研精会に入って一緒に勉強していきませんか?

今回記事を担当させて頂きました北陸クリーニング工場
柏崎市内でお困り事は当店まで!

2018年05月08日 (18日前)

春の繁忙期にも関わらず、フルメンバーが参加。
本日の講習内容を掲載していきます。

◆ドライクリーニングする際の注意点
ドライクリーニングで大事な事、例えば溶剤を適正な状態で管理する事で、品物をきれいに洗えます。
また、事故が起きる可能性も少なく出来るので、いろんな意味で適正な状態を管理することの重要性を共有しました。
・溶剤管理をしっかり
1ソープ濃度をチェック
ソープ濃度は濃くても薄くてもダメです、汚れを事故なく落とすために必要です。
2水分を含ませない
水分を含むと、色移りの原因となります。
自然乾燥や、タンブラー乾燥、定期的な水分を取ることで、色移りを防ぎます。
3液が少なくならないように管理
液が少なくなっても汚れ落ちが悪くなります。定期的にチェックしましょう。
4温度管理
特に夏場、液温が30度を超えると色落ちの原因となります。また冬場液温が低くても汚れ落ちが悪くなります。状況に応じて、洗い方を変えていきます。
5フィルター掃除、活性炭の交換を定期的に
掃除、交換を定期的にしていないと浮遊物が増えてきたり、圧力が上がらなくなり、機械にも負担をかけます。

※以上、溶剤管理がしっかりできてないと、脂肪酸(臭い)が発生するため、衛生的なクリーニングができません。
洗う前や後にも、数十分循環させておくことで、溶剤がフィルターを周り、良い状態でクリーニングすることができます。

◆酵素処理
目的:シミをあらかじめ落としやすくするという事
※シミをこの段階で落とす事ではありません。
酵素の種類
1油脂分解酵素
2たんぱく分解酵素
3澱粉分解酵素

秘密の調合
酵素➕◯➕△➕◽︎

といった具合に、酵素処理に適した酵素を作ります。

用途:たんぱく質
例えば血液
貝瀬会長から、【固まった血液の酵素処理】の例をお伺いし、共有させて頂きました。

◆真綿の紹介
真綿(絹)のダウン、通称なんちゃってダウン(羽毛に見えて実は中身が真綿が入ってる)は水洗いでワッシャーで回してしまうと、中の真綿が偏ってしまい、事故が起こります。
そういった事故の共有をしました。

※写真
1E517753-7647-4506-A6FF-D19D89EC5CDB.jpeg

〜現物処理の紹介〜
◆合皮をドライして硬化してしまったケース
※◯◯を塗布し、柔軟に戻りました!
5022E847-37D6-427C-8F1C-CE8BFE4C762F.jpeg

◆スーツの黄変
スーツは尿が付いてしまう部分がよく黄変します。
一度変色してしまったものは、シミ抜きでは直りません。
染色の技術で、ここまで目立たなくなりまはた。
FFD4FE50-D618-494F-A7BA-B8F951EE7D51.jpeg

11B11B08-0158-4674-A495-3FC3BAF2509C.jpeg

CC8E1867-816A-4888-ADA2-688892736270.jpeg

◆コートのシミ抜き
DD4765DF-2C5A-4581-B7DA-8AB1B08E700B.jpeg

◆ピンク→ブルーに染め直しした羽織

E3A3E24E-3E81-43E7-9E7C-3E8ACD7E6908.jpeg

今回記事を担当させて頂きました北陸クリーニング工場
柏崎市内でお困り事は当店まで!

2018年04月08日 (49日前)

本日のみやび洗い会の講習会

 

新会長になり、初めての会となりました。

 

・前大堀会長のご挨拶
みやび3.4_180308_0007.jpg

・新入会員様 金子クリーニング金子さんご挨拶

みやび3.4_180308_0006.jpg

・新会長 貝瀬会長ご挨拶

 

にはじまり、

 

今後の会の方向性として、

【若手会員が、気になる品物、要望を聞きながら現物処理を行う】

と決まりました。

 

会員については、各々持ってきた現物処理。

みやび3.4_180308_0003.jpg

 

新入会員については、試験布を用いたインクのシミ抜き処理をしました。

みやび3.4_180308_0005.jpg

ビフォーアフター♪

みやび3.4_180308_0004.jpg

個人的には、ポリエステルの礼服の色修正の方法は学びが多く、テクニック部分や、使えるアイテムを教えてもらい、参考にする点が多くありました。

こんな感じで色を修正し、
みやび3.4_180308_0002.jpg

こんな裏技でさらに目立たなくさせ、
みやび3.4_180308_0001.jpg

などなどこれ、使えるよ!なんてアイテムを会員同士共有し、

わたくしも、早速3点ばかりアマゾンで注文♫

 

さて、春の繁忙期、教えてもらったアイテムでかなり手間を省けるので、今年は期待です^ ^

 

今回記事を担当させて頂きました北陸クリーニング工場
柏崎市内でお困り事は当店まで!

2018年03月08日 (79日前)

 

いや~大雪大雪で参っちゃいますね~

今年も始まりました!
みやび洗シミ抜研精会♪

新年会に始まりました。

大御所の方が何名か勇退されるため、飲み会や総会で今後は若い人中心にやっていこうという方向性になりました。

そうですよね、時代は刻一刻と変わっていくもの。

過去の栄光にすがっていてはいけません、自分自身、今後どうクリーニング業界で生き残っていくか考えながら、ひとつの武器であるシミ抜きを極めていこう!

あとはシミ抜きをどうお客様に伝えていくか、これを最も考えていかなくてはなりません。

そんな事を改めて考えさせられる講習会でした。

 

さて内容。

今回も我先にと講師の取り合い。

よってすみません、私物ばっかりで、写真もあまり撮ってません。笑

1.jpg

こんな感じでもちよった品物について、シミについて、議論していきます。

同じ品物、同じシミの状況でも、人によってシミ抜きの順番や使う溶剤が違ったりします。

その中で【いかに素材を傷つけないよう、シミを落とすか】を焦点に話し合い、現物を処理していきます。

3人よれば文殊の知恵。

1店舗1工場1人1人のケーススタディだけでは知識を広げるのには限界がありますから、一回の講習会参加でも、かなりのケーススタディを得る事ができます。

◆福クリーニング店さん着物のシミ抜き

2.jpg

みやび洗シミ抜研精会は着物に力を入れた集団です!

着物は衣類の最高峰!

デリケートな正絹をシミ抜きや色修正ができると、それは一般衣類のシミ抜きや色修正にも十分通用する腕になれます。

燕市吉田周辺の方は福クリーニングまで

 

◆マリーナさんのご相談

3.jpg

セーターですが、よく見ると、ところどころに黄変が・・

セーターの黄変はなかなか取れません。

なぜななら、ほとんどの場合が、汚れが半年~一年間寝かさることで、汚れ⇒変色に変わってしまうんです。

色が変わってしまっているわけですから、漂白処理などのシミ抜きをしたあと、落なければ後々色修正(染色補正)などをしないといけません。

しかし!今回の場合、ラメが散らばっています。

こういう場合は漂白をすると、ラメが化学変化を起こし、変色してします。

会場で水洗いする事は出来なかったので乞うご期待!

きっとマリーナさんのことなのできれいになったことでしょう~~

長岡周辺のお客様はこちらまで!マリーナ

 

なのでお客様!!

ついた汚れは早くもってきてくださいね!!!

 

今回記事を担当させて頂きました北陸クリーニング工場
柏崎市内でお困り事は当店まで!

 

2018年02月08日 (107日前)

今年も雪の季節になりました。

今年は早い!

急に暇になってしまって・・

 

さて、今回は忘年会~の講習会でした。

忘年会の市内の海老の髭さん

とても素敵な料理でした。

01f8473b820b2141089574b73906160f4d1327d78a.jpg

そして二日酔いになってる人もいましたが、講習会スタート!

今回は現物を多く持ってきており、指導員の取り合いでした笑

よって、私も自分の処理物に夢中でなかなかまわれず。

01fddab8cbe136d334e2fe4c89e9411c05d6abb6e3.jpg

013bc870b12f5366e01a55a6f2df0776705f0cb09f.jpg

01b99cdf24d1f0769c59a16436b6b0b1ca2637fdd9.jpg

◆ダウンについた汚れ

⇒子供用ダウンは、特に汚れがひどいです。

なるべく、手間をかけない、水洗いの仕方など教わりました。

ある洗剤がオススメ!、またスプレーにして前処理材として活用するのも良いとのこと。

 

◆黄変したジャケット

ウールではなく、レーヨン、ポリエステル、麻などが入った珍しいジャケット。

何の汚れかという議論から始まり、落とし方も指導員様々。

ただ、急に熱を加えて一気に落とすより、時間をかけてゆっくりとした変化をさせるシミ抜き方法を選択。

会の終盤ですでにだいぶ白さが戻っておりました。

◆色のはげたズボンの色修正

シミ抜きのしすぎで色がはげてしまったズボンもあれば、元から色褪せなどをしているなど、色修正するケースは様々。

一般のクリーニング店では色修正できるところはそう多くありません。

素材に応じた染料選び、色合わせの技術、色の入れ方、学ばせて頂きました。

 

これからクリーニング業界では、品物が少ない時期が続きます。

技術の向上につとめ、全員のお客様に満足頂けるお店を目指します!

 

2017年12月07日 (171日前)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

このページの先頭へ