本日は自粛解除後初の講習会でした。

クリーニング店もコロナの影響を受け、飲食店業界の次くらいなダメージを受け、特にリネンを扱う工場は大変な状況です。

一般的に使うワイシャツやスーツが出ない他、イベントや催し物(花火やお祭り)などの季節ものも出ないと思われるので、今後がものすごい怖いです。

そんななかに行われた講習会です。

さて、頑張って参りましょう!

本日は主に現物処理です。

◆ネクタイのシミ抜き
ネクタイはなかなか水洗いもしないので、黄変ができてしまいやすい品物の1つ。
まずはお湯と洗剤で洗っていきます。
S__85090368.jpg
これだけでも、洗剤水がかなりの汚れた水になり、汚れが取れたことがわかります。
S__85090370.jpg

◆お坊さんの法衣
えりに使う衣類で、油系のシミが。
油系の油があったのですが、

◆Tシャツのシミ抜き
家庭洗濯などをしてると次第に色がくすんできてしまいます。
そんねくすみも、ハイドロを使うと一発で、綺麗に!
いやー気持ち良い!
S__85090373.jpg

今回は主に情報交換で終了しました!

S__85090375.jpg

こんな時期だからこそ、一緒にしみ抜きの技術を高め、新しい売り上げを作っていきませんか!?

2020年06月14日 (20日前)

2020.3.1講習会 【大堀指導員による講習・現物処理】

◆コロナウィルス対策
今流行りのコロナウィルス対策を学びました。
今回のコロナウィルスは通常のアルコール消毒スプレーは効かないらしいですね。
消毒といっても色々あります。
クリーニング業に活かす方法を共有させてもらいました。はいすぐ実行!!!

◆先日行われた洗浄試験布の案内
先日洗浄試験布を使った実験を行いました。各工場どんな洗い方をしたか次回発表し合い、意見を出し合います。

◆大堀指導員による講習
S__82427908.jpg
昨今、クリーニングの需要が減っている中で、新しい需要、スニーカーや革製品を洗ったり、メンテナンスする方法を学びました。

S__82427913.jpg

◆現物処理
シルクの黄変のしみ抜き
S__82427910.jpg

S__82427911.jpg

S__82427912.jpg

S__82427914.jpg

S__82427915.jpg

◆現物処理
脱色の色修正

S__82427917.jpg

◆現物処理
時計の革ベルトの色修正

S__82427916.jpg

◆前回の講習会でべたべたに加水分解が起きたヴィトンのクラッチバッグのクリーニング

S__82444291.jpg

べたつきを魔法のスプレーで直し、水洗いによりべたべたになった部分をはがしていきました。
これでまた使えます!!

こんな感じで一般衣類ではない品物も扱えっております👍

2020年03月01日 (125日前)

今年も始まりました。みやび洗い講習会。
【総会】
昨年度の事業報告や今年度の事業計画、予算案などを審議し、会員全員で共有しました。
S__81371150.jpg

◆正会員に推挙
長岡のマリーナさんの土田さんが正会員になりました!
S__81371148.jpg

◆洗浄テスト
昨年度の年末にかけて、洗浄テストを行いました。
試験布を、ウェット・ランドリー・ドライ洗いで洗い、
・どのくらい汚れ落ちが良いか、また悪いか?
・逆汚染(洗浄するための溶剤の状態が悪いと、例えば白い衣類が若干黄ばんできたりし、逆に汚れがついてしまう状況のこと)していないか?
を各工場チェックしたものを共有しました。これにより、こういう洗いですればいい、だとか、ここは改善した方がいい、などのことがわかってきます。
データは伏せますが、こんな感じです。
S__81371144.jpg
洗いの工程などをより良く改善し、洗いの技術を高めていけたらと思います。

◆シームレスダウン
ユニクロのシームレスダウン。発売したのはもう4年くらい前でしょうか?
S__81371147.jpg
シームレス(縫い目なし)は縫わないので気密性が高く、羽も出てこないので良い製品です。
しかし樹脂圧着をしているため、2~3年でその樹脂が劣化を起こし、クリーニングする際に事故が起こってしまうケースが今後出てくると思うので今後の対策として共有させていただきました。

◆鞄の裏側のぺたぺた
S__81371145.jpg
20年前のヴィトンのクラッチバッグです。裏側が加水分解して、べたべたに。

S__81371146.jpg
特殊なスプレーで「べたべた」を「さらり」に。いや~すごい!!

◆Yシャツの襟の漂白
S__81371143.jpg

S__81371142.jpg
一番驚いたのが、Yシャツの襟の汚れを見て、落とし方が様々という事。
話し合いの内容をまとめると、
・すすぎの温度もある程度高めの温度に設定し、すすぎをよくする。
・サワー剤を活用し、中和をしっかりとする。

実際に洗浄してみました。粉石鹸と温度を高くしかなりきれいになりました!
S__81371140.jpg

 

2020年02月02日 (153日前)

11月の講習会は、新工場を建てた協栄ドライさんの工場にお邪魔して現物処理などを行ってきました。
S__79470708.jpg

・工場内
工場内の動線などを確認し、自工場に応用しようと皆が色々と質問をしていたのが印象的でした。

S__79470702.jpg

・しみ抜き台

S__79470704.jpg
受付からもしみ抜きが見られる作りになっているため考えられたつくり。
うん、良いな~

・現物処理(黄変した化学繊維+シルクのブラウス)
S__79470706.jpg
かなりきれいになりました!
S__79470705.jpg

・石油系ドライクリーニングの溶剤の酸化値チェック
きれいに使われてます!
S__79470707.jpg

◆スーツジャケットの仕上げの講習
近さんよりスーツのジャケットの仕上げを学びました。
ポイントを押さえ、一回所ずつ丁寧に仕上げをしていくからこそできるきれいな仕上がりと感心しました。
写真はなく、動画ですので社外秘で笑

午後からは、今回施行を変え、懇親会バーベキューをすることに。
S__79470709.jpg
柏崎、村上からは海の幸、鮮魚、魚介、村上牛など特産物を。魚沼ではおいしいお米、漬物などをおいしくいただきました。
S__79470710.jpg
S__79470711.jpg

メンバーは北は村上、南は柏崎、海を越え佐渡から、そして魚沼と、これだけ広い地域のメンバーがいるからこそできるバーベキューでした。
S__79470712.jpg
S__79470713.jpg

S__79470715.jpg

こんな感じで楽しみながら、勉強していく団体、それがみやび洗いです!

 

 

 

2019年11月24日 (223日前)

10月に入り肌寒くなりましたね。

今回も秋物に備え講習会が始まりました。

今年の各会員や商材屋さんの工場で講習会を行う方向性で講習会を開催してます。

次回に備え、「ドライクリーニングの注意点や漂白の仕方」の事前講習を行いました。

後には現物処理。

◆カビの生えた藍染ののれんのシミ抜き

20191006_191006_0006.jpg

20191006_191006_0007.jpg

カビ×藍染はとても大変です。

藍染×還元漂白はいける!とアドバイスを頂き、今後どこまできれいになるのでしょうか?

◆スカートのシミ抜き

20191006_191006_0004.jpg

シミの箇所は

20191006_191006_0005.jpg

取り扱い表示にはポリウレタンが入ってるとのこと。

ポリウレタンが入ってると、色がはげてしまうとなかなか色修正できません、色を弾いてしまい。。

なので脱色をはがさないようにシミ抜きをしていかないといけません。

 

多少すれている場所を大堀講師に色修正していただきました。

20191006_191006_0008.jpg

◆襦袢(絽)の襟汚れのシミ抜き

20191006_191006_0003.jpg

一度可炭酸漂白をしたようですが、薄くなった程度だそう。

皆さんからご意見いただいて、もう少し強めの処理をしていく、という方向で決まりました。

◆半纏の色移りのシミ抜き
20191006_191006_0010.jpg

20191006_191006_0001.jpg

ここまできれいになったそうですが、これもまた皆さんから色々な意見をいただいてベストなシミ抜き方法を模索していきました。

◆鞄のシミ抜き(色移り?)

20191006_191006_0009.jpg

一度水洗いしたら、こんなに色が出た?のか、もともと下の色が出てきたのか。

翌月の講習会で現物処理を行おう!となりました。

乞うご期待!

そして翌月の話し合い。

貝瀬指導員からの差し入れでデザートタイム♪

20191006_191006_0002.jpg

このように、日々の現物を持ち寄り、相談・解決していくことが一番の会の強みです。

 

2019年10月06日 (272日前)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

このページの先頭へ