サボっていた訳ではありませんが、久しぶりの「みやび洗研精会の活動報告」となってしまいました。

ということで、今回は11月に行われた『からむし織』の見学会報告と、12月の講習会報告です。

 

奥会津昭和村の「からむし織の里」へみやび洗研精会の講習日に見学へ行きました。

資料(1706).JPG

 

< からむし織 >

「からむし」は苧麻とも呼ばれるイラクサ科の多年草植物で、上布用の原材料として本州では唯一昭和村で栽培が続けられています。

化学繊維では真似できない通気性・吸湿性に富み、織り上げられた布は軽く丈夫で、その涼しい着心地は一度経験すると他の織物を着る事ができないと言われるほど。

 

資料(1707).JPG

 

こちらは、みやび洗会員店へ依頼された品物。

 

資料(1708).JPG

 

全体に「カビ」が発生しているため、染み抜きの依頼でお預かりしているもの。

会員皆で相談しながら処理方法を話合いました。

因みに価格を聞いてみたら、詳しくは教えて貰えませんでしたが、『 三桁 』だそうです。

「糸づくり」一つ取っても、作りたい糸の太さに合わせて繊維を裂き、毛羽立ったり、つなぎ目が太くならないよう織り合わせ繋いでいく根気と熟練を要する手法で、手から手へと技が受け継がれてきた日本伝統の文化であり、
「からむし織」は科学でも機械でもつくり出せない『幻の繊維』といわれていることからも頷けます。


12月の講習会は「地色直し」(色かけ)の実習。

資料(1709).JPG

 

テスト布を2か所色を抜き、修正していきます。

 

資料(1710).JPG

資料(1711).JPG

 

しみ抜き作業をしていく上で、「色かけ修正」の技の取得は避けては通れない技術です。

何でもかんでも「地色を抜いて染み抜き」という事は有りえませんが、
しみ抜き工程の中で、どうしても地色が抜けてしまう場合や、
あえて地色まで抜き、修正した方が仕上がり具合が良い場合があるからです。

クリーニング店の中でも「色かけ修正」が出来ない店の場合、
突っ込んだ染み抜きが出来ずに、シミを落とせないという事もあるようです。

その点、みやび洗研精会の会員は繰り返しの練習により、修正技術を習得しているので、安心してご依頼いただけると思います。

<結果事例>

資料(1712).JPG

どこを修正したのか分からない仕上がり。

 

資料(1713).JPG

いつものごとく、半分だけ修正。

 


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

2014年12月20日 (3年前)

5月のみやび洗講習会は、ゴールデンウイーク真っ只中の日曜日に行われました。

連休中にも関わらず、多数の会員が集まったことでも仕事熱心な会員が多いことが伺えます。

DSC02248.JPG

 

会長のあいさつの後、先月行われた「ドライ洗浄の基礎知識」についてのペーパーテストの回答と検証を行いました。


午後からは各自が持ち寄った「現物の処理」

 

DSC02251.JPG

DSC02252.JPG

DSC02253.JPG


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

2014年05月17日 (4年前)

4月のみやび洗しみ抜研精会 講習会は、染色補正などの時に筆で「色挿し」をする際の【精神統一】と【筆使い】の訓練の為に、写経を行いました。

DSC02189.JPG

DSC02190.JPG

DSC02191.JPG

DSC02194.JPG

普段は和やかに会話などをしながらの講習実技などを行っているのですが、
写経の最中は誰一人声を出すこと無く、集中して筆を走らせていました。

DSC02197.JPG


昼食休憩の合間に「ドライクリーニングの基礎知識」のペーパーテスト。

DSC02196.JPG

DSC02218.JPG

きちんとしたドライクリーニングの知識を持つことにより、より綺麗な洗浄が行えます。

分かっている事でも、再度改めて認識することにより日々の作業のクオリティーアップに努めます。


その後午後からは、ハンカチに模様を描いて「色挿し」の実習。

DSC02220.JPG

DSC02217.JPG

DSC02221.JPG

DSC02228.JPG

DSC02230.JPG

DSC02227.JPG

DSC02224.JPG

 


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

 

2014年04月09日 (4年前)

3月のみやび洗しみ抜研精会 講習会は、先月に引き続き「染色補正実習」を行いました。

069.JPG
072.JPG

 

まず【 三品 】を作り、試験布に色ハゲを作ります。

081.JPG
082.JPG

 

今回は【 三品 】の作り方は省略しますが、上手に作るのにもコツが有るんです。

073.JPG
077.JPG

075.JPG
078.JPG

 

出来上がった「色ハゲした試験布」を早速、染色補正により修正していきます。

090.JPG
083.JPG

092.JPG
089.JPG

 

以前にも申しましたが、染色補正の技術習得は、繰り返しの鍛練でしかありません。

「みやび洗」では、会員それぞれが切磋琢磨しながら研鑽を重ねていきます。

091.JPG

096.JPG

 

今回も染色補正の「ビフォー」&「アフター」

093.JPG

094.JPG


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

 

2014年03月05日 (4年前)

2月の講習会は、第12回 平成25年度通常総会が行われました。
035.JPG
037.JPG

 

各議案が承認され、無事に終了する事ができました。


午後からは各自、「現物処理」及び「染色補正実習」

042.JPG
041.JPG

 

045.JPG
048.JPG

 

今まで「染色補正」は染み抜き作業上、どうしても地色まで抜いてしまわなければシミを落とせない時の修正として使われることが多かった技術ですが、

最近は家庭洗濯の普及により家庭で洗濯した時のトラブル、「変色」や「色ハゲ」した品物の修正依頼の時に染色補正技術で対応することが多くなっていると聞きます。

しかし、ただ単に色ハゲした部分に色を塗れば良いという訳にはいかず、高度な熟練の技術が必要です。

043.JPG

 

その技術の習得には「正しい知識を知る」事と「日々の技術研鑽」でしか得ることができません。

046.JPG
<着物の色ハゲ修正事例>

綺麗に修正できています。

 

047.JPG
<実は半分だけの修正>

上の画像と見比べてください。

 


今回の総会で新会員の受け入れについて改善がありました。

とかく「染み抜き技術の会得にはお金が掛かる」「染み抜き講習会は高額だ」と思われていらっしゃる方!

『みやび洗しみ抜研精会』では「染み抜き技術を会得したい、やる気のある方」に負担にならないような「体験染み抜きコース」の料金体制の見直しが行われました。

是非、興味の有る方はお問い合わせください。


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

 

2014年02月07日 (4年前)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

このページの先頭へ