8月のみやび洗講習会は加賀友禅の勉強のため、金沢へ研修旅行へ行きました。

 

まずは「加賀友禅をもっと身近に感じて頂きたい」

そんな思いから着物・のれんを始めとして、あらゆる素材に加賀友禅の技法を取り入れたものづくりに取り組んでいられる

『 工房久恒 』の見学をしました。

資料(1794).JPG

 

加賀友禅の歴史の話から、その技法を現代に生かしながら作製した作品の話を

加賀友禅作家 久恒俊治 氏から説明して頂きました。

 

資料(1795).JPG

資料(1797).JPG

下の画は加賀友禅の下絵。

資料(1803).JPG

資料(1800).JPG

資料(1799).JPG

 

柄を布に書き写し、線に沿って防染したものです。

みやび洗研精会でも勉強の為に防染糊を使って染色をした講習をやったので、この作業がいかに難しく大変技術のいる作業か理解しているつもりです。

防染をしたものを見せて頂きましたが、防染糊が均等に細く引かれている布がとても綺麗に思えました。

ただ細く引くだけでも技術がいるのですが、キチンと防染されているのは余程の技術だと感心致しました。


 

その後、金沢市内の「加賀友禅会館」へ行き見学。

 

資料(1805).JPG

 

資料(1806).JPG

資料(1807).JPG

資料(1808).JPG

 

実演していたので少しばかり見学させて頂いていたのですが、

作家の方に「熱心ですねー」と言われてしまいました。

自分としてはそんなに長時間見ていた感覚は無かったのですが、

一般の方はサラッとしか見学していかないのでしょう。

 

資料(1812).jpg

 

流石!と思ったのは、玄関前に設置してある自動販売機。

柄が「加賀友禅柄」となっていました。


二日目は、日本三名園の一つに数えられる「兼六園」の見学。

資料(1810).JPG

資料(1811).JPG

 

綺麗な庭園をゆっくり散策しながら・・・・と思っていたのですが、

気温35℃を超える暑さの中では自然と早足の見学となってしまいました。

その後、「近江町市場」で各自昼食をとり、帰路につきました。

一泊の研修旅行でしたが、沢山のことを勉強できて大変有意義な旅行となりました。


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

2015年08月05日 (2年前)

4月のみやび洗講習会は、「柄描き」(模様描き)の実習でした。

「柄描き」は染み抜きした跡や、染み抜きで落とし切れなかった場合にシミの部分に模様を付けたし処理する方法ですが、

現在は滅多に行う事も少なくなってきた技法かもしれません。

しかし、実際に体験することにより得られる事も多く、染色補正時などに経験を生かしたいと思います。

資料(1772).JPG
以前は↑の画像のように型紙を切り抜き、模様を作っていたので大変手間と技術の掛かる作業でした。

資料(1766).JPG

今回は時代の流れなのでしょうか?「シルクスクリーン」を使用しての柄描きの講習です。

資料(1768).JPG

 

資料(1769).JPG

 

パソコンで絵柄を読み取り、スクリーンに移し取る事により型紙が出来上がるモノが有ります。

昔みたいにデザインナイフで細かい作業をすることなく、より精密な柄が綺麗に簡単に出来上がります。
本当に技術の進歩には驚かされますが、それにも負けぬように我々の染み抜き技術も研鑽を重ねて行きたいと思います。


午後からは「現物処理」

資料(1763).JPG

資料(1767).JPG
皮革製品の染色補正。

 

資料(1770).JPG

 

今月からもう一人、講習生が加わりました。

資料(1761).JPG

「北陸クリーニング」の平川さん。

 

資料(1764).JPG

資料(1765).JPG

 

新しく講習生が増えたことにより、1年間の【基本科講習】が行われることになりました。

染み抜きの基礎からの講習ですので、染み抜きを覚えたいという方は、

今が入会のチャンスかも知れません。


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

 

2015年04月08日 (3年前)

3月のみやび洗しみ抜研精会講習会は、

静岡の「日本しみ抜き研究会」講師、小林先生をお招きしての講習会でした。

2015-1002.JPG

 

小林先生をお招きして講習会を行うのは2年ぶりとなります。

いつもご自身が経験した実体験を元にした事例を示し、その修正方法を惜しげもなく講習して頂くとても貴重な講習会です。

噂によると、地元のしみ抜き研究会の会員の方から
「新潟にばかり特殊な方法を教えているのではないか?」
と時折、怒られてしまう事もあるそうですが、
1年に1回の講習会ですし、私達は逆に静岡の方達は
この様な内容の濃い講習会を毎月受けられて羨ましく思います。

今回、講義して頂いた中の一つ、【色の出てしまった品物の処理方法】

こちらも自店に依頼された事例を元に説明して頂きました。

○素材は綿、白地に赤い花柄模様がプリントされているスカート。

お客様が家庭洗濯により花柄から赤い色が出てしまった品物。
(実際に写真を添えて説明して頂いたのですが、画像を撮り忘れてしまいました)

【処理方法】
ある薬品とある洗剤を両方同時に使用する事により、色止めをしながら色落としをするという特殊な方法。

先生曰く、「アクセルとブレーキを同時に使って上手く処理する方法」だそうです。

2015-1004.jpg

(都合により、薬品名はモザイク処理)

 

早速、材料を仕入れて実践してみたいと思います。


午後からは各自、実技講習

2015-1005.JPG

2015-1017.JPG

2015-1018.JPG

2015-1021.JPG

2015-1007.JPG

2015-1015.JPG

2015-1010.JPG
単衣の着物のヤケ直し。

2015-1016.JPG
新会員の宮路さんも、実践あるのみです。

 

来月にはもう一人、新会員の加入も有るみたいです。
楽しみにしています。


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

 

2015年03月04日 (3年前)

2月のみやび洗しみ抜研精会講習会の報告。

資料(1729).JPG

 

今年最初の講習会は、みやび洗しみ抜研精会の通常総会から始まりました。

会計報告の後、今年度の活動予定について話合いました。


資料(1730).JPG
「福クリーニング」の宮路さん。

 

そして、嬉しいことに新会員の入会もありました。

聞くところによると、組合の集まりの時に「みやび洗」の事を知り、
即座に入会を決めたとのこと。

とても前向きで、やる気を感じさせる方だと思いました。

新会員を迎えることにより当会は勿論、会員皆にも良い刺激を受けてより良い会となる事を願います。

宮路さん、お互いに頑張っていきましょう!


 

午後からは「色掛け」の実習。

 

資料(1731).JPG

資料(1735).JPG

 

早速、宮路さんにもやって頂きました。

基本、みやび洗の講習会は【 実習 】が主になっています。

いくら口で上手い事を言っても、実際に出来なければ何もなりません。

ですから毎回、各自が課題を持って講習会に臨んでいます。

資料(1732).JPG

資料(1733).JPG

資料(1734).JPG

資料(1736).JPG

資料(1737).JPG

 


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

 

2015年02月04日 (3年前)

サボっていた訳ではありませんが、久しぶりの「みやび洗研精会の活動報告」となってしまいました。

ということで、今回は11月に行われた『からむし織』の見学会報告と、12月の講習会報告です。

 

奥会津昭和村の「からむし織の里」へみやび洗研精会の講習日に見学へ行きました。

資料(1706).JPG

 

< からむし織 >

「からむし」は苧麻とも呼ばれるイラクサ科の多年草植物で、上布用の原材料として本州では唯一昭和村で栽培が続けられています。

化学繊維では真似できない通気性・吸湿性に富み、織り上げられた布は軽く丈夫で、その涼しい着心地は一度経験すると他の織物を着る事ができないと言われるほど。

 

資料(1707).JPG

 

こちらは、みやび洗会員店へ依頼された品物。

 

資料(1708).JPG

 

全体に「カビ」が発生しているため、染み抜きの依頼でお預かりしているもの。

会員皆で相談しながら処理方法を話合いました。

因みに価格を聞いてみたら、詳しくは教えて貰えませんでしたが、『 三桁 』だそうです。

「糸づくり」一つ取っても、作りたい糸の太さに合わせて繊維を裂き、毛羽立ったり、つなぎ目が太くならないよう織り合わせ繋いでいく根気と熟練を要する手法で、手から手へと技が受け継がれてきた日本伝統の文化であり、
「からむし織」は科学でも機械でもつくり出せない『幻の繊維』といわれていることからも頷けます。


12月の講習会は「地色直し」(色かけ)の実習。

資料(1709).JPG

 

テスト布を2か所色を抜き、修正していきます。

 

資料(1710).JPG

資料(1711).JPG

 

しみ抜き作業をしていく上で、「色かけ修正」の技の取得は避けては通れない技術です。

何でもかんでも「地色を抜いて染み抜き」という事は有りえませんが、
しみ抜き工程の中で、どうしても地色が抜けてしまう場合や、
あえて地色まで抜き、修正した方が仕上がり具合が良い場合があるからです。

クリーニング店の中でも「色かけ修正」が出来ない店の場合、
突っ込んだ染み抜きが出来ずに、シミを落とせないという事もあるようです。

その点、みやび洗研精会の会員は繰り返しの練習により、修正技術を習得しているので、安心してご依頼いただけると思います。

<結果事例>

資料(1712).JPG

どこを修正したのか分からない仕上がり。

 

資料(1713).JPG

いつものごとく、半分だけ修正。

 


貴方も「みやび洗研精会」に入会して、一緒に研鑽を重ねませんか?

「みやび洗しみ抜研精会 会員募集」のページ

2014年12月20日 (3年前)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

このページの先頭へ