今月から「基本科生・講習生」と「研精科生」が分かれて講習を受けます。

 

CIMG0610.JPG

「基本科生・講習生」は櫛谷指導員のもと、しみ抜きの基本を学びます。
去年までは7名の生徒を見ていたのですが、
現在は2名なのでじっくり内容の濃い講義が受けられると思います。

 

こちら、今年から「研精科生」となった7人は後藤指導員のもと、
現物処理や実際の着物に付けた色々なシミをさまざまな方法で抜くやり方を学びます。
CIMG0619.JPGCIMG0617.JPG

今回は「着物に付いたマジックを油性処理で抜く方法」を生徒それぞれの方法でやってみました。
しみ抜き剤や方法はほとんど同じなのですが、手順や手際の良さによってシミの落ち方は違います。
こうやって”人のしみ抜き方法”を見るのも良い勉強になると思います。

 

ベテラン指導員の方達はお客様から預かった品物を処理していました。
CIMG0620.JPG

画像は大堀指導員貝瀬指導員がそれぞれお客様からお預かりした品物を処理している所です。

2008年11月05日 (10年前)

二日間にわたり、「しみ抜き相談」「しみ抜き実演」「刷り込みによるオリジナルハンカチ作り」をしました。

予想以上にお客様に来て頂き、大盛況でした。

中でも「近くのお店に依頼したけど落ちなかった」と言われ、ご自身の御品物をお持ちになるお客様が結構居られました。
CIMG0589.JPG

大体は”スーパーの中にあるお店”や”大手チェーン店”に依頼された品物だったようですが、殆どのシミは落とせていました。

この事からもあらためて「みやび洗しみ抜研精会」の技術の高さを実感しました。

 

そして「ハンカチに刷り込み」ですが、用意していった60枚ハンカチが無くなり、急遽近くのショップで買い足し対応していましたが、100枚位は出たそうです。

CIMG0595.JPG

指導員による丁寧な指導により、初めて体験する子供達でも上手く出来ました。

自分で好きな模様を選び、又自ら刷り込んで模様を付けたハンカチは、”世界で一つだけのハンカチ”ですから、大切に使って頂けると思います。

 

このイベントをキッカケに「みやび洗しみ抜研精会」を知って頂き、お近くのお店をご利用されるようになれば大変嬉しいです。

2008年10月14日 (10年前)

みやび洗しみ抜研精会として10月11日、12日の「古町どんどん」に参加します。

新潟県クリーニング組合のイベントなのですが、その中で「しみ抜き実演」をみやび洗で担当します。
dodon.jpg

「しみ抜き実演」だけでなく、当日お越しになったお客様にプレゼントとして、
白いハンカチにお好きな柄をご自身で”刷り込み”という技法を使い、柄を入れて頂きます。
CIMG0580.JPGCIMG0586.JPGCIMG0581.JPG

 

他にも沢山の絵柄を用意しておりますし、みやび洗の指導員が丁寧に指導いたしますので、
是非!11日(土)12日(日)は「古町どんどん」にお越しください!
場所は古町6番町です。

2008年10月07日 (10年前)

だいぶ涼しくなってきて、皆さんのお店も徐々に忙しくなってきたようです。

今回、午前中は「現物処理」とし、各自がお客様からお預かりした品物をお手入れしました。

CIMG0575.JPG(小須戸 吉田クリーニングによる着物のしみ抜き)

 

午後からは「古町どんどん」の時、御出でくださったお客様にプレゼントする
”刷り込みによる模様描き”の準備をしました。

CIMG0574.JPG

CIMG0585.JPG

 

当日お越しになったお客様に、ご自分でハンカチにお好きな模様を刷り込んで貰い、
それをプレゼントするという予定でいます。

2008年10月07日 (10年前)

9月7日(日)あいにくの雨でしたが、大勢会員が集まり講習会が行われました。

午前中は大堀指導員による「薬品について」の講習。
0556.JPG

クリーニング(しみ抜き)で使用する薬品の特性や、適切な使用方法についての講義が行われました。

 

午後からは「テスト布によるしみ抜き実技」

0558.JPG

0561.JPG

綿素材の布に「インク」「落ちにくい口紅」「赤ワイン」を付け、
3ヶ月程日にちを置いたものを全会員でしみ抜き実技をしました。

しみ抜きしたテスト布は提出します。
シミは落ちていたとしても、半年後・一年後にテスト布の変化を見るためです。

0563.JPG

 

私達の仕事は”お客様の御品物を御預かりし、クリーニング(しみ抜き)して
お返ししたら終わり
”ではなく、その後安心してお召し頂く事が出来るような
仕事をしなくてはいけません。

その為に適切な処理方法が出来ているか、定期的にテストを行います。

 

それと今回は新潟日報ミニコミ誌「にぽにぽ」の取材がありました。

0568.JPG

普段から活気溢れる講習会場ですが、いつもよりも増して皆さん真剣な表情でしみ抜きに取り組んでいました。
私が見た限りでは全員、「テスト布のシミ」全て落としていたようです。
それに適切な処理方法もしていたので、保管後のテスト布も問題無いでしょう!?

 

今回取材した「にぽにぽ 秋号」は10月12日(日)に折り込まれます。
今から楽しみです。

2008年09月08日 (10年前)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

このページの先頭へ