織姫と彦星が出会うロマンチックな今日にも関わらず、みやび洗い会では熱い講習会が開かれました。

◆主題は大堀指導員による革の講習会
過去の事例をお持ち頂き、吹付を実践して頂きました。

~染料を作っている工程~
みやび_190713_0007.jpg

状況、ものにより、ハケ塗り、もしくはエアスプレーで吹付していきます。

◆現物処理

実際に会員が持っていたものを教材に処理していきました。

今回は主に事例の紹介って記事になります(*´∀`*)

~顔料修正~

〇革のウェストポーチ

長年使い込み、革が白く、そしてひび割れに。

しかし、かなり良い感じに直りました!!

みやび_190713_0004.jpg

〇クロムハーツの革の長財布

どうしても端っこなどが擦れて汚れて黒ずんできちゃいますよね。

そんなのも顔料を塗っていく事でここまで白さが戻っちゃうという・・・

改めてみてもすごい・・

ちなみに、白といっても微妙な白なので色の調合がかなり手間とセンスが必要です。

みやび_190713_0002.jpg

 

〇時計の革ベルト

なんと時計の革ベルトもいけちゃんです!

革ベルトもよく触られる部分なので色が薄れていってしまう傾向があるように感じます。

まさか、クリーニング店で、時計もきれいになるとは!!

みやび_190713_0005.jpg

 

~メンテナンス~

革はだんだん油分を失い、色が薄くなったり、傷ができてしまったり、最終的にはひび割れを起こします。

そうなってくる前に、わざわざ色を塗ってあげなくても、オイルを塗りこむメンテナンスをしてあげるだけでも、かなり蘇ります!

〇革財布(茶)

傷が見事に目立たなくなりました!!

みやび_190713_0001.jpg

〇革ベルト(茶)

革ベルトもよく擦れてしまうため、すぐ状態が悪くなりがちです。

ベルトもここまで潤いが戻りました!

みやび_190713_0006.jpg

 

◆帽子の臭い取り

わきが臭や、帽子の汗をかいた皮脂の臭いを「ミョウバン」でとります!

ん~臭いがとれた!

みやび_190713_0003.jpg

 

点数が減っている今、クリーニング屋さんも、いろいろ変化していかなければなりません。

今後も修練してまいります!

今回記事を担当させて頂きましたのは柏崎市内のシミ抜きはお任せ!北陸クリーニング工場です。

2019年07月13日 (230日前)

<<2019.9.1講習会 現物処理 | 2019.5.5講習会【呉服屋「和gen」店主佐藤圭三さんを講師にお招きしての講習会】 >>

このページの先頭へ