2018.7.1講習会

◆大堀先生による、薬品知識の講習
・シミ抜きの処理の順番
シミ抜きには順番が有ります。
AA53C671-DE8D-4AAD-B497-C64FEF538562.jpeg
このような手順を踏まないと、落ちるシミも落ちなくなってしまいます。
その各工程において、どんな薬品があるか学びまします。
・酸とアルカリについて
シミは月日が経つと参加してしまい、落ちなくなります。

◆ゆたかのクリーニング事例の紹介
50年前の品物だそう。
反応元金染料の染め方をしており、洗剤と金が反応し、色が変わってしまうので、要注意です!
50年も経っても、形残るものは残るんですね〜
CB763004-8777-4A38-B7C9-158AE96BBCDE.jpeg

◆半纏の洗い方
0FBA0B53-481E-4625-AF92-B8A4A7FA029E.jpeg
新品の湯通ししてない半纏は、洗うとものすごい色が出てきます。
実際に洗いってみました。
中性洗剤で3回洗い→水すすぎ→酸すすぎ→ソフター
4BFAD935-26A2-443E-920A-8CA65C1CF93D.jpeg
洗っても洗っても濃い色がどんどん流れ出ていきます。
なるべく今後色が出ないような形で、最低限の色を出す。
これぞ、技術!を感じました。

◆流動パラフィンの共有
シルクなどの白っぽいスレが発生した時に、流動パラフィンを使い、黒さを戻す加工の使います。
ゾールと1-2%の割合で混ぜ噴霧

7F3396A3-C4DE-40B4-B42C-B67B200B0D7B.jpeg

◆着物の受付〜洗い方講習 ビデオにて
着物の洗い
・気候でいうと、湿度の低いカラッとした天気の日がベスト
・予備乾燥をし、湿気を飛ばす
・予備洗い、ネットに入れて1.2分
・ブラッシング
(前処理剤の作成)
ソープ100ccに水を5cc混ぜる 1/20
溶剤800cc加える ソープ100ccの8倍
・本洗い 5分 脱液5分
・乾燥 50度 生乾きで止め、自然乾燥
・ドライチェッカーで、溶剤が残留してないか確認
・仕上げ

〜現物処理〜
◆スレてしまった黒ジャケットの襟の色修正
8CA6A96B-6C43-4766-ABB6-09D42F534265.jpeg
7BF135BE-FBD9-49A1-8742-9F59F61517C2.jpeg

2018年07月01日 (163日前)

<<2018.8月期講習会【みやび洗しみ抜研精会8月期講習会in南魚沼鮎祭り♪】 | 2018.6.2 講習会 現物処理・ドライ石油系の講座 >>

このページの先頭へ