10.14-15 みやび洗い研修旅行

時々行われている研修旅行。
月一定例で行われる勉強会だけでは得られない学びをえるために、今回は研修旅行という事で、塩沢にいってきました。
塩沢といえば、着物の名産地ですよね。
着物って奥が深い・・改めてそう思った研修旅行でした。

~1日目~
◆鈴木牧之記念館

IMG_7239.jpg

〇鈴木牧之編
鈴木牧之とは越後の雪深い生活を伝えるために40年の歳月を費やし、長い道程を経て、「北越雪譜」を出版した人物。
鈴木牧之記念館では豪雪地域ならではの昔の暮らしを紹介しており、鈴木牧之がどんな人生を歩んだかを学ぶ事ができます。
鈴木牧之に一番共感を持ったのは、熱意。
雪国の生活を伝える事に、情熱を燃やし、本を出版する事に精魂尽くします、家族に恵まれず、出版を手伝ってくれる先生にも恵まれず、飢饉などの災害にも見舞われますが、本を出版する事を諦めません。
結果、40年かかりましたが、本を出版することができ、江戸中の評判となりました。
人生一度きり、何に情熱を燃やすかは自由ですが、好きな事、自分の使命、を意識しながら生きていこうと感じました。
〇生活編
また当時の衣類として、越後上布の実物や、作る過程、雪ざらしの様子などが展示されておりました。
特に展示されていた越後上布の金額は目玉が飛び出る程。
もしお客様がお持ちになった着物が、とんでもなく高価なものだったら。そしてそれを気付かずクリーニングやシミ抜きをしまった、なんて事がいかにおそろしいか。
目に焼き付けてまいりました。

◆【キルト・リサイクル着物ちどりや】さんへご訪問

IMG_7248.jpg
本塩沢・大島紬などを中心に、手作り小物やはぎれなども販売していました。
リサイクル着物として汚れやシミのついた着物が販売されているコーナーでは、このシミを落ちる落ない、どーやって落とす、など、まさにみやび洗いっぽい会話が繰り広げられました。
また、着物をリサイクルし小物などが多く見られました。需要が減少しているクリーニング業界と似ている部分を感じました。
全体的に着物の需要が減っている中、クリーニング業界でも同じような傾向が見られます。業界や世相を変えるなんてことは、いちクリーニング店が出来ることではありません。
その中でもなんとかアイディアをひねり練り出し、技術を習得、高め、生き残っていかないといけません。そんな事を感じました。

◆やまだ織さん工房見学
IMG_7253.jpg
驚きの連続でした。
まずは糸。

IMG_7254.jpg
糸に、色を入れていくのですが、とにかく細かい!
136亀甲
150亀甲
200亀甲
・・と、数は多くなるにつれ、糸の柄が細かくなります。

さらに、それを織っていく過程はほんと気の遠くなるような作業。
※写真はいっぱいとったのですが載せていいものか、ダメそうな・・ってことで載せません!
切れてしまう糸をつなぎあわせ、柄と柄が合うように織っていく。
ずーーーーっと見てても、意味がわかりませんでした。苦笑

そして実験はできませんでしたが、とある反物を水で濡らすと、2/3に縮んでしまう、なんて怖い話が・・・
あー恐ろしい《゚Д゚》

◆貝瀬指導員の工場にて現物処理

IMG_7266.jpg
いつも研修が行われる会場ではお借りしている会場のため、部分的なシミ抜き処理しか行わないのですが、設備も整った工場で実際にどんな流れでシミ抜きをしているか、勉強させて頂きました。(主に漂白処理)
自分は基本的な事がなってないな~と痛感させられました。
・温度管理(ちゃんと測る)
・漂白剤(入れればいいってもんじゃない!)
・濃度(1点1バケツ)
・酸の準備
それぞれ自工場にない部分を吸収していました。と思います。笑

自分がやっても落なかったシミが、一発でおちました。

◎貝瀬ドライクリーニング店(南魚沼市)

 

◆宿へ行き温泉~宴会
普段なかなか聞けない話を聞き、なかなかできない体験をし、非常に楽しく有意義な時間でした。

IMG_7282.jpg

IMG_7324.jpg

~2日目~

◆八海山ロープーウェイ
雨で全く景色見れず。。

IMG_7438.jpg
天気が良いとこんな感じだそう~

IMG_7440.jpg

◆八海山雪室見学

IMG_7443.jpg

IMG_7450.jpg

まさに雪で冷やした部屋を作る事で年間通じて、一定の温度を保てるらしい。4.5℃。
先人の知恵を感じました。
工場見学では、日本酒のアルコール分を作り出す「もろみ」を作る工程や、精米具合のお米の実物を見せて頂き、しぼりたての原酒?を頂きました。
発酵が進んでいる最中のため、微炭酸を感じる日本酒、初めてで激ウマでした。

◆開山堂
開山堂(かいさんどう、かいざんどう)は、仏教寺院において開山の像を祀った堂のこと。寺院の「開山」とは、当該寺院に最初に住した僧のことを指すのが通例で、寺院の創立を発願し、経済的基盤を提供した人物である「開基」とは区別される。開山や宗祖の像を安置する堂を、寺によっては祖師堂(そしどう)、御影堂(みえいどう、ごえいどう)、影堂(えいどう)などともいう。宗派や寺院によっては、祖師堂や御影堂が本尊を安置する本堂よりも規模が大きく重視されることがある。

中はすべて写真撮影NG!!
ただ、彫刻は一回見る価値ありです!!

◆総括
今回の研修旅行を通して、今まで経験した事ない事を経験でき、個人では見る機会のない場所も見る事ができ、学びの濃い2日間でした。
またみやび洗いの平均年齢は、だいたい60歳くらい?
最若手は26歳。私は30歳。
同じ景色や同じ出来事を体験しても、年齢層が幅広いだけあって色んな意見や考えがあり、これだけのサークルや会って、ないな~と思いました。
主に企画して下さった、貝瀬指導員、若井さん、その他会員の方にも感謝をしつつ、今回の学びを売上に還元すべく、頑張ていこうと思いました。
◎貝瀬ドライクリーニング店(南魚沼市)
◎若井クリーニング(南魚沼市)
きっと他の会員もそう思っていることでしょう。
ここ数ヶ月でまた新規会員が増えましたので、これから若い風土や新しい風を取り入れながら会員みんなで勝ちに行きます!
みやび洗いに参加して、シミ抜き技術高めていきませんか(^^)
シミ抜きでお困りの方に、お力になる事間違いありません。

以上、北陸クリーニング工場(柏崎)平川が本記事を担当させて頂きました。

 

2017年10月18日 (277日前)

<<2017.12.3忘年会~講習会 | 8月の講習会(現物の修正・ボールペンのインクのシミ抜きについて) >>

このページの先頭へ